So-net無料ブログ作成

原水禁世界大会報告会と平和のつどい [集会]

「原水爆禁止世界大会参加報告と平和のつどい」に参加しました。8月7日から長崎市で開かれた世界大会に

岩見沢から参加の佐藤さん母娘が、中満泉国連軍縮問題担当上級代表の「核兵器禁止条約の核心は核兵器を

に否定し、国際法として成文化した点にある。核兵器に依存する国々への警鐘でもある」などの発言の紹介

や被爆者の訴え、高校生が原宿でヒバクシャ国際署名で100筆分集まるまで帰らないと決めて1時間余りで集

めきったこと、海外代表の発言など9日までの密度の濃い大会模様を報告。

続いて「平和のつどい」では《笑って学ぼうみんなの憲法》と題して口演。八法亭みややっこ さんこと

飯田美弥子 弁護士の落語。難しいと思っていた憲法をわかりやすく、面白くてワハハ・ワハハと笑って

1時間半あっという間でした。

image-20170910213203.png


image-20170910213217.png

10区の野党統一候補の実現を求める会」結成総会と「集い」 [集会]

空知各地域から岩見沢に集いました。

日本共産党10区対策委員長 女鹿(めが)武さんが熱のこもった来賓挨拶をし、民進党北海道10区総支部代表

神谷 ひろしさん、社民党北海道連合代表 熊谷 吉正さんからはメッセージが寄せられました。

立場を超えて、アベ政治を許さない・市民と野党の統一候補の実現を求める一致点で結成した市民の会は、

1・10区の野党統一候補の実現に向け、地元での野党間で協議をして意見交換から出発など、できるところか

ら始めてください。

2・各党の中央本部に、北海道10区の野党統一候補の実現を求める私たちの声を届けてください。

と北海道10区の民進党・日本共産党に要請書の提出を拍手で確認しあいました。

『戦争させない市民の風・北海道』の共同代表 上田文雄(弁護士・元札幌市長)さんと、川原茂雄(札幌学

院大学教授)さんの対談も、ユーモアがあり展望の持てる内容は多くの参加者に確信と感銘を与えました。

image-20170211193858.png

image-20170211200605.png

北海道母親大会 [集会]

世界の母親・女性が手をつなぎ「核戦争から子供を守りましょう」と始まった母親大会から62年。

札幌で開催の第59回北海道母親大会に参加してきました。今年の記念講演は空とぶママさん弁護士

金杉 美和さんが【憲法の窓から見てみよう!いま、未来… ~私たちが生きて自由で幸せであるために~】

日本国憲法と自民党の改憲草案をとてもわかりやすく、ユーモアいっぱいに話されて、何度も会場は笑いの

渦に包まれました。改めて日本国憲法の素晴らしさを痛感できた内容でした。

女性参政権行使70年、憲法公布70年の節目の年に「命を生み出す母親は 命を育て 命を守ることを望みま

す」のスローガンのもと、全道から集まった母親、女性たちの願いを束ね、来年開催される節目の第60回北

海道母親大会につなげようとの《大会宣言》と、憲法9条を守り、戦争をさせない!自衛隊を南スーダンから

直ちに撤退させよ!《戦争法の廃止を求める特別決議》を採択して閉会し、赤レンガまで母親パレードも行

いました。

戦争法廃止!5.3集会in南空知 [集会]

日本国憲法施行69年目の今日、栗山で街頭宣伝した後、岩見沢の憲法集会へ参加。

「明日を決めるのは私たちー平和といのちと人権を!」のスローガンに南空知各地から集いました。

集会アピールには

戦争法廃止のため力を合わせよう! 「野党は共闘」の声をあげよう!

参議院選挙で投票に行き、戦争法賛成議員を落選させよう!

安倍政権にかわる新しい政治を実現しよう!

私たち国民の声がまっすぐとおる政治にしよう!

若者のサウンドデモもあり、シュプレヒコールをしながら街行く人々に訴えながらデモ行進しました。


image-20160503180934.png

赤旗まつり [集会]

4年ぶりに開かれた第41回赤旗まつりに、後援会員と一緒に参加してきました。

1日は降りしきる雨の中、傘をさしながら、二期会マイスタージンガーによるハーモニーに、

1時間余り立ったまま酔いしれました。2日目、3日目と秋晴れのもと、いっせい地方選挙に勝利して

「日本の政治の希望ある未来を開こう」と志位委員長の記念講演。イワナ焼きや笹団子、黒毛牛串焼き

鯖寿司など全国ふるさと味の店、物産展たくさんあって回りきれませんでした。昼休みには野点と生花を

楽しみ熱帯植物館見学、青空寄席、原田直之さんの民謡、仁比聡平参院議員・古居みずえ(フォト・ジャー

ナリスト)井手 実 (怒りのドラムデモ、東京デモクラシークルー)によるパネル討論「戦争する国にさせな

いために」。野外ステージのとりを務めたロックバンドのソウル・フラワー・ユニオンのライブでリズムに

乗りながら参加者は総立ちになって盛り上がりました。楽しく、美味しく、たくさんのパワーをもらった三

日間でした。