So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

総決起集会 [選挙]

要請を受けて道政へ挑戦することになりました。20日最後の定例会を終え、翌日に行われた

《知事選・道議戦必勝南空知決起集会》に参加しました。「ウソが当たり前の安倍政治を変えた

い。TPP・EPA離脱、日米FTA交渉を中止し、食料自給率を高めて基幹産業の農業と食の安全を

守る。消費税10%増税ストップ」など決意表明を行いました。22日の《北空知総決起集会》には

7月の参議院選挙に出馬予定の前衆議院議員【畠山 和也】さんが、激励の挨拶に駆けつけてくれ

ました。弁舌鋭く、論点がわかりやすく再び国会へ送り出さなければと強く思いました。

CBBBB460-EAF4-4EED-8614-121DF60D2565.jpeg

国際女性デーの日に

3月8日は国際女性デー、今朝の北海道新聞の空知版に「共産 空知管内に擁立 道議選、 6人の争いへ」

と私の顔写真入りで報道された。昨夜、岩見沢総局記者が突然訪れて、取材を受けた翌日には記事にな

っているとはびっくり!記者魂・取材力?に妙に感心しました。9日に記者会見をして発表する予定だっ

たので「しんぶん赤旗」よりも地方紙に先を越されました。折しも今日は1904年3月8日にニューヨー

クで女性労働者が「女性に参政権をあたえよ」と要求してデモと集会を起こした日です。今では世界に

広がり、国連が1975年(国際婦人年) の3月8日以来、この日を「国際婦人デー」と定め、「女性の平等

な社会参加の環境整備しよう」と加盟国に対し、呼びかける記念の日となっています。男女格差の度合

いを示すジェンダーギャップ指数は149カ国のうち日本は110位(0,662)でG7最下位です。男女平等

の実現や女性の権利に取り組む議員を増やす選挙にしたいですね。

北海道の未来は道民が開く!岩見沢集会 [選挙]

石川 ともひろさんを応援する道民の会(南空知)主催の集会へ参加しました。
市民と野党の統一候補 【石川 ともひろ】知事予定候補も、分刻みの忙しい行動日程の中
駆けつけました。「鉄路は残す、カジノはいらない、脱原発、自治の基本は憲法」と道政を
変える熱い決意に、会場を埋めた参加者は必勝を誓いあいました。
会場で配られた《明るい会のニュース》です。


DD2E9C4E-4592-4814-949D-4FDF45AE086C.jpeg


3月定例会 [議会]

定例会初日は補正予算と執行方針、6日から11日まで 休会して、12日に一般質問です。私の町議最後と

なる一般質問は①個人情報の保護徹底を②エネルギーの自治を の 2項目行います。14日からは平成31年

度予算審査特別委員会、19日午後1時30分から議会運営委員会で陳情審査、20日本会議で委員長報告を

受けて討論・採決が行われます。陳情の内容は「2019年10月からの消費税10%中止を求める意見書」

提出に関する陳情で、 10月消費税10%ストップ!栗山ネットワークの方々から提出されたものです。

ぜひ傍聴にいらしてください。

一般会議 [議会]

26日午後6時半から「栗山オオムラサキの会」が企画した自然関係団体と議会との一般会議が行われま

した。「人と自然が共生する街~くりやまの未来を共に語る」をテーマに、参加者全員が意見を述べまし

た。約30年余り栗山の自然を守り活かし、子どもたちに多くの自然体験をさせてきた高橋 慎 事務局長

さん始め、ハサンベツ里山計画、NPO雨煙別学校、夕張川自然再生協議会、栗山青年会議所、おっとり

クラブ等の関係団体のみなさんに敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。担い手不足の問題も出されまし

たが、解決するための建設的な意見も出されました。《ふるさとは栗山です》のくりやまファンを増や

していくのが要かなと思いました。

野呂栄太郎没後85周年

33歳の若さで殺された長沼町出身の経済学者 野呂栄太郎没後85周年の 2月19日、毎年長沼町で行わ

れている「碑前祭」、 5年ごとに行われる記念講演会に参加しました。《現代と野呂栄太郎の時代》と

題して、横路孝弘 元衆議院議長・弁護士の講演は、国立国会図書館の資料「戦前期日本の出兵一覧」や

出兵及び言論統制やテロ等に関する歴史を話されました。今の安倍政権の姿勢と重ねながら、権力が戦

争するために何をやったか、野呂の時代を繰り返さないために今、何をすべきかを考えさせられる内容

でした。

議会報告会 [議会]

2月3日から行われていた議会報告会、私の班は南学田公民館が4カ所目で最終日でした。地域の住民11

人の参加者から栗山高校存続、スキー場存続の問題や日赤病院改築で意見が出されました。更に小学校

の雨漏り対策の遅れの指摘や、町道改修、新規就農者支援の不十分さなど貴重な意見も聴けました。

街頭宣伝 [議会外の活動]

7日の午前中、《佐藤 いさお 》さんと一緒に買い物客で賑わうスーパー前など町内3箇所で街頭宣伝を

行いました。昨年の暮れ、佐々木町長に申し入れした町政に対する防災・減災対策強化などの要望や、

統計不正・疑惑問題、消費税増税しなくても社会保障の充実や財政再建はできること、アベ9条改憲

NO!辺野古新基地建設中止、亡国農政等国政問題、嘘やごまかし、隠蔽のない当たり前の政治するため

に、共に力を合わせて安倍政権打倒しようと訴えました。

新春の集い [後援会]


昨日までの風雪とは打って変わって好天に恵まれ、毎年恒例の「新春の集い」を開催しまし

た。4月に行われる栗山町議会議員選挙に、私からバトンタッチする《佐藤 いさお》さんが

後援会で初めて決意表明しました。

8DB8FE9C-80EF-4B08-BDDB-D57D9CCEE738.jpeg


27035EF7-E4B1-407A-AD76-A99C9281B131.jpeg


意見書の取り扱いについて [議会]

28日、暴風雪により延期された議会運営委員会が開かれました。本町議会は意見書案取扱要領で、

議会運営委員会で「全会一致」で議決されたもののみ、議案として提出することとしてきました。議運

では提案された意見書について、全会一致で議決が得られるように調整努力することを基本とする①地

方議会で取り上げるべき妥当性のある内容のものか②町の公益に関する内容のものか 審議するのですが

調整努力する以前に、議長が最初に「全国知事会が賛成しても自分は反対である」等の発言があったり

したので、私は全会一致とならなかった案件について本会議で討論採決を行い、町民に「見える化」で

情報を公開してはと提起しました。かって議会運営委員会の取扱要領では、(全員協議会における) ①

議運の委員長報告は、議論になった点の要点や、特に不一致となった案件の問題点などを説明し、報告

する ②審議の結果、思想信条や政策理念の違いから、どうしても相容れない内容のものについては、本

会議で討論を行う となっていましたが、平成24年11月に削除され現在に至っていました。審議結果は

「これまで通りとすること」になり大変残念です。議員の議案提案権の保障・意見書の取り扱い手続き

上の問題である旨の提起の弱さも反省しつつ…

前の10件 | -