So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

消防団春季連合消防演習 [議会外の活動]

午後2時から新消防団長のもとで行われた分列行進、消防演習に来賓として出席しました。

町民の生命財産を守る為に、生業を持ちながらの訓練や活動に改めて敬意と感謝の気持ちいっぱいです。

毎年行われるポンプ操法、女性消防団員によるAEDを用いた心肺蘇生法の訓練では、着用していた上着を

次々と脱ぎ応急担架を作成したのには感心しました。

太極拳

NPO法人 日本健康太極拳協会 国内交流ミッション(北海道支部30周年記念)行事に参加しました。

栗山町からは16人が貸切バスで会場のホテルへ向かい、全国から約300人が集いました。

太極拳を始めて25年余、週一回の練習に行けないことも多いのですが、【健康 ・友好・平和】の理念で、

あ(あせらず)い(いばらず)お(おこらず)お(おこたらず)く(くさらず)と、ゆったりと楽しく舞い

お稽古しています。今日の記念式典に80歳以上 25名の方が、お祝い演舞「長福不老拳」され、目標・励みに

なりました。

ご飯論法

28日の衆参予算委員会の集中審議で、小池晃書記局長が安部首相の答弁は論点すり替えの「ご飯論法」と断

じた。29日付の北海道新聞・しんぶん赤旗日刊紙に【ご飯論法】の記事が載っていました。「朝ご飯は食べ

なかったんですか?」と質問された場合、「ご飯は食べませんでした(パンは食べましたがそれは黙ってお

きます)」「何も食べなかったんですね?」「何も、と聞かれましてもどこまでを食事の範囲に入れるかは

必ずしも明確ではありませんので…」論点のすり替え、はぐらかしで不誠実な政府答弁の手法を例えた“ご飯

論法”。労働問題に詳しい法政大の上西充子教授がツイッターに投稿し共感が広がっています。昨日の集中審

議で、モリカケ疑惑で首相夫妻の関与を裏付ける文書が出てきても口先だけで否定、証拠を突き付けられて

もごまかす。これでは議論にならず関係者を喚問するしかありません。上西教授の投稿は「働き方改革」法

案をめぐる加藤厚労相の答弁を問題にし、「人をだますことを得意とする大臣に、働く人の命と健康に関わ

る法案の質疑の答弁に立つ資格はない」。「ご飯論法が注目されたことで、国会質疑の何がおかしいのかと

いうことを伝えることができたと思う。モリカケ問題ばかりやっている、といった批判があるが、卑怯なの

はこうした答弁で国会や国民を愚弄している政府ではないか」と話した。

19日共同宣伝 [野党と市民共闘]

天気予報どおりの寒い雨の中、10時からスーパー前での共同の宣伝を行いました。

過日行われた国会での参考人質疑、集中審議で「加計ありき」がいよいよ明らかになったことを具体的に話

しました。柳瀬元首相秘書官が、加計学園の幹部との面会をようやく認め、面会した事業所は加計学園だけ

だったことも。愛媛県の中村知事が名刺や面会内容のメモも公表し柳瀬氏の答弁に強く反対し、「嘘は他人

を巻き込む」と批判。「去年の1月まで知らなかった」と言った安部首相の答弁に合わせるために嘘をついて

いるのでは?と多くの国民は感じている。国会の場で必ず真相を解明するために野党は柳瀬氏、加計孝太郎

氏の証人喚問、中村愛媛県知事の参考人招致を強く要求をしていること。18日野党の反対を押しきって緊急

上程され与党と維新、希望の党の賛成多数で可決されたTPP11の批准承認の問題点、又与党が来週明けにも

衆院採決強行しようとしている「働き方改革一括法案」の政府案に日本共産党が発表した対案〈労働基準法

等改正大綱〉の紹介も行いました。暴言や嘘とごまかしで人権と民主主義をもて遊ぶ安倍内閣はすぐにでも

総辞職すべきではと訴えました。

夕方、雨もやんだので後援会員と一緒に、前衆議院議員の畠山和也さんのポスターを貼りました。

image-20180519210639.png


image-20180519210708.png

陳情否決~産業福祉常任委員会 [議会]

2月26日、全日本年金者組合栗山長沼支部から提出され、産業福祉常任委員会審査付託の

「若い人も高齢者も安心できる年金制度」を国の責任で創設するための意見書採択を求める陳情 は、

5月15日参考人を招致して審査しました。

参考人から「マクロ経済スライドは少子化・平均余命の延びの計算で年金を削減する方向、イギリスは年金

に頼らなくても社会保障が充実している、全国で(年金削減許さない)行政不服審査請求、裁判を行ってい

ること」や憲法に照らしてなどの説明がありました。委員からは「年金に特化した(陳情)は無理がある、

少子化人口減少で国庫負担による最低保障年金制度は無理」などの意見が出て私だけの賛成で否決されまし

た。6月定例会で委員会報告され討論採決の予定です。

国会の異常事態の打開 [しんぶん赤旗 より]

日本共産党など野党6党は連休前、国会審議の前提となる資料の提出や関係者の国会喚問を申し入れました

与党はゼロ回答を続け、それどころか働き方法案を審議する委員会などで、事実上与党単独の審議を強行し

てきました。野党6党が連休明け、大島議長に事態打開の為に、全容解明のための必要かつ十分な審議と資料

調査結果を政府が早急に国会に提出するよう対応を求め、不十分さはあるものの、議長の仲介で事態打開の

方策が示されたものです。加計問題で柳瀬元首相秘書官が、事前に愛媛県や学園の関係者と面談し、「本件

は首相案件」などと発言していたことが明らかになっています。柳瀬氏の招致は10日に行われる予定です。

愛媛県などの記録が出てきても「記憶がない」と言い続けることはさすがに通用しません。「首相案件」と

名指しされた首相の責任がいよいよ問われます。→ 9日付日刊紙 主張の一部です。

image-20180509223158.png

image-20180509223216.png

4月19日共同行動 [野党と市民共闘]

恒例の街頭宣伝を行いました。民主教育をすすめる栗山の会の泉さんは、過日、ニセコ高校の原発に関する

授業に国が介入し、原発問題の扱いを軽くするよう講師に要請を行った事など「教え子を再び戦場に送らな

い」想いが伝わる訴えでした。昨夜、複数の女性記者に対するセクハラで辞任に追い込まれた福田財務省事

務次官、次々と底なし沼のように疑惑や嘘にまみれた安倍自公政権。人権や民主主義、平和を守るまっとう

な政治を取り戻す為に、安倍内閣総辞職、退陣を立憲民主党の千葉議員と一緒に訴えました。

憲法講演会 [講演会]

「安部改憲NO!南空知1市4町の会」の主催による《憲法講演会》が行われました。

はじめに神谷 裕衆議院議員が、安倍政権が放送局に政治的公平などを義務づけた「放送法4条」を廃止しよう

としている現実を話し、次いで日本共産党南空知地区委員長上田 久司氏は、安部退陣を求める全国の抗議行

動と米英仏のシリア攻撃など掲載の15日付赤旗日刊紙をひろげ、安部改憲を止める力が3000万署名で達成の

ために頑張ろうと呼びかけました。講師の室蘭工業大学大学院 清末 愛砂準教授は、自民党の改憲条文草案の

うち、自衛隊の憲法明記の条文草案「自衛の措置」を示し、これまで戦争は「自衛」の名のもとに行われて

きたことや、安倍政権は憲法改定の発議・国民投票は勝てるタイミングで提案するので、それをさせないた

めの運動が大切と話されました。


image-20180415221539.png


image-20180415221604.png

くりやま民報267号 [くりやま民報]

栗山町長選にあたって新町長となった佐々木学氏との話し合いの内容と、12月定例会を両面に載せました。

来たる4月15日(日)午後1時半~長沼町りふれ(南町2-3-1)で【安部改憲NO!憲法講演会】が、行われます

お誘いあわせご参加お願いいたします。


image-20180407172819.png


image-20180407172841.png


image-20180407173547.png


介護福祉学校入学式 [議会外の活動]

栗山町立北海道介護福祉学校の入学式に参列しました。道内では唯一の公立の介護福祉士の養成校です。

どこの養成校も生徒確保に苦慮しており、本校も道の職業訓練生含む第31期生36人が、2クラス編成で

スタートしました。来年の国家試験に全員が見事合格して、専門職として巣立ってほしいと願うばかりです